TOP

地域経済動向調査報告

地域経済動向調査報告

あしぎん経済概況2月号の公表について

株式会社あしぎん総合研究所が2月15日にあしぎん経済概況2月号を公表しました。

県内経済は横ばい圏の動きとなっている。 緊急事態宣言が解除され、経済活動の進展により、宿泊や外食などサービス消費が回復に向かっている。一方、製造業では半導体不足など供給制約が生産活動回復の重石になっている。先行きについては、感染力の強い変異株(オミクロン型)の流行が経済活動に与える影響を注視する必要があるとの事です。

詳しくはコチラをご覧下さい 
 

あしぎん経済概況1月号の公表について

株式会社あしぎん総合研究所が1月15日にあしぎん経済概況1月号を公表しました。

県内経済は横ばい圏の動きとなっている。 緊急事態宣言が解除され、経済活動の進展により、宿泊や外食などサービス消費が回復に向かっている。一方、製造業では半導体不足など供給制約が生産活動回復の重石になっている。先行きについては、感染力の強い変異株(オミクロン型)の流行が経済活動に与える影響を注視する必要がある。 

詳しくはコチラをご覧下さい 

小規模企業景気動向調査(令和3年12月実施)の調査結果を掲載しました

全国の商工会指導員が回答した小規模企業景気動向調査の令和3年12月実施分を掲載します。栃木県や貴事業所の状況との比較などにご利用ください。

小規模企業景気動向調査結果(R03.12)

関東財務局 栃木県分の経済情勢報告(令和4年1月判断)

宇都宮財務事務所は、栃木県分の経済情勢報告(令和4年1月判断)を公表しました。

県内経済は、新型コロナウイルス感染症の影響により、厳しい状況にあるものの、緩やかに持ち直しつつある
先行きについては、感染対策に万全を期し、経済社会活動を継続していく中で、各種政策の効果や海外経済の改善もあって、景気が持ち直していくことが期待される。ただし、感染症による影響や供給面での制約、原材料価格の動向による下振れリスクに十分注意する必要があるとの事です。

詳しくはコチラをご覧下さい。

あしぎん経済概況12月号の公表について

株式会社あしぎん総合研究所が12月15日にあしぎん経済概況12月号を公表しました。

県内経済は横ばい圏の動きとなっている。 新型コロナの新規感染が低位で推移しており、個人消費に改善の動きがみられる。 先行きについては、新型コロナの新たな変異株が出現しており、感染再拡大に伴う経済活動 への影響に留意する必要があるとの事です。

詳しくはコチラをご覧下さい 

小規模企業景気動向調査(令和3年11月実施)の調査結果を掲載しました

全国の商工会指導員が回答した小規模企業景気動向調査の令和3年11月実施分を掲載します。栃木県や貴事業所の状況との比較などにご利用ください。

小規模企業景気動向調査結果(R03.11)

小規模企業景気動向調査(令和3年10月実施)の調査結果を掲載しました

全国の商工会指導員が回答した小規模企業景気動向調査の令和3年10月実施分を掲載します。栃木県や貴事業所の状況との比較などにご利用ください。

小規模企業景気動向調査結果(R03.10)

あしぎん経済概況11月号の公表について

株式会社あしぎん総合研究所が11月15日にあしぎん経済概況11月号を公表しました。
栃木県経済は、総じてみると”弱含みの動き”となっています。

生産活動は、改善の動きに一服感がみられる上、雇用情勢の回復ペースが鈍い。 先行きについては、緊急事態宣言の解除により経済活動の再開が進むとみられるが、引き続 き新型コロナの感染状況には留意する必要があるそうです。

詳しくはコチラをご覧下さい 

小規模企業景気動向調査(令和3年9月実施)の調査結果を掲載しました

全国の商工会指導員が回答した小規模企業景気動向調査の令和3年9月実施分を掲載します。栃木県や貴事業所の状況との比較などにご利用ください。

小規模企業景気動向調査結果(R03.09)

あしぎん経済概況10月号の公表について

株式会社あしぎん総合研究所が10月16日にあしぎん経済概況10月号を公表しました。
栃木県経済は、総じてみると”弱含みの動き”となっています。

生産活動は回復に向かっているものの、個人消費はサービス関連を中心に弱さがみられる。 また、雇用情勢の回復ペースは鈍い。 先行きについては、緊急事態宣言の解除により経済活動の再開が進むとみられるが、引き続 き新型コロナの感染状況には留意する必要がある。との事です。

詳しくはコチラをご覧下さい